私が小学生の低学年の時の談話です。
いきさつを思い出すことは出来ないが、兄が奥様と小学生の完了までに10000円を貯金できるか否かの戦いを行うこととなった。負けたほうが勝った輩に500円を支払うという内容です。面白いことになったと思った。兄は気分屋で、秩序立てた所作などとれるハズも無い。戦いは当然奥様の勝ちだと。
二人は微笑みながら誓約書を吐出し、父親の手提げ金庫にそれは仕舞われた。そうしたら半年後、結果は言うまでもない。
奥様が兄に500円札を請求したことは無かったというが。

昔の務めはほとんどが占領されることが無いだろう。
私も同じように考えていて、蓄財に励んでいた時分があった。ところが、その結果は…。

今にして思えばさして不可欠とも思えない動作に貴重な金銭が費やされていたという。訓練期に必要な一種の横断礼儀だとも呼べるが、エクスキューズする理由としては人気が弱い。
多くはない我が家の財力ではあったが、父兄はでも二人のお子さんにあるジェネレーションまでは自由に使える資金を与えてくれた。
その訓練を考えずに、手元の、物の残らないやり方で散在(大したプライスではないものの)したのは、私達二人が金銭に甘かったからではないのか。
兄も二人の乳幼児の男性となった。その訓練は身に染みていらっしゃるだろう。私も薄い報酬包みを家事に譲り渡し、日々を送っている。キレイモネット予約申し込みは簡単?